ユーカリハウス通信2018年1月バックナンバー

託児所通信

一年間で一番寒い季節がやってきましたね。
けれども、託児所の子どもたちは北風の中でも元気いっぱいです。そんな姿に、私たち職員がパワーをわけてもらっています^^
そして1月と同様、2月も節分にバレンタインと楽しい行事がたくさんありますね。昨年は鬼さんに泣いてしまっていた子どもたち、今年は鬼さんを退治することが出来るのでしょうか??
また、インフルエンザが流行しやすい時期です。しっかりと、うがい・手洗いをし、十分な睡眠をとるようにしましょう。

託児所行事

行事~豆腐白玉ぜんざい作り~

お正月の食べ物といえば、甘くて美味しいぜんざいがありますよね♪
託児所の小さな子どもたちは、白玉を食べるのが難しいと思い、今回は、お豆腐を使った豆腐白玉で美味しいぜんざいを作り、お正月をお祝いしましたよ✰

お皿に好きなだけ、豆腐白玉入れて、ぜんざいをかけ、モモやリンゴ、ミカンなどをトッピングし完成です♪まず始めに、保育士の手作りのエプロンを着てもらうと、何が始まるのかワクワクな子どもたち✰可愛いエプロンに大喜びです♪

なぜお正月に”ぜんざい”を食べてお祝いするのでしょうか??子どもたちに説明してみました(^^)「神様が元気になりますようにと願いを込めた魔法のお餅だよ。このお餅を食べて、みんなも一年元気でいられるようにみんなで作って美味しく食べようね^^」と説明をすると、「え~~??」と少し難しいそうなお顔をする子どもたちや、「わかった!!頑張って作って、残さないで食べる!!」と言っていた子どもたちもいましたよ♪

豆腐白玉を初めて見る子どもたちも多く、「これ何だろう??」と言った表情でした^^大きな子どもたちは、全て自分たちで作ってもらいましたよ✰ぜんざいは保育士が入れる予定でしたが、「自分でしたい!!」と言ってくれたので、出来る子どもたちは保育士の隣で入れてもらいました(^^)

白玉だらけのぜんざいや、フルーツばかりのぜんざいなど様々でどれもとても美味しそうでした✰

また出来上がると、お友達同士で見せ合いっこをし、お友達の方が多く入っていると、「もうちょっと入れよ!」と言ったり、美味しそうなぜんざいを見て、「〇〇ちゃんもそれ入れる!」とお友達と一緒のぜんざいに作り直す子どもたちもいましたよ^^そして、一口パクリッ!!
小さな子どもたちは、豆腐白玉の食感が苦手でお口から出してしまう子どもたちが多かったです!
トッピングのフルーツだけ食べたり、ぜんざいのお汁を飲んでいる子どもたちがいましたよ♪

甘くて美味しかったようですね♪大きな子どもたちは、「いい匂い~♪」と言いながら、何度もおかわりをしていましたよ✰

食べ終わると、最後に保育士の手作り看板の前で可愛いエプロンを着たまま、託児所のみんなで記念撮影をしました(^^)とても楽しい行事となりましたね✰
0 Comments

Leave Your Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


*